カテゴリ:長唄( 11 )

演奏会終了しました。

毎年、三味線もって浴衣もって大移動。
三味線ケースは帆布で自分で作ったもの。
見知らぬ三味線弾きの姐さんに
「それは三味線ですか?」と声をかけられる。

、、、恥ずかしい。
でも、ハードケースってそれだけで重そうなんだよね〜


自分の演奏は、まぁまぁこんなものですよ。
ついこの間出来上がったところですし、私にしては可です。
精一杯でした。
よくやった!!
簡単に自分を褒めます。

お師匠さんは、膝が痛いということで今年は唄のみでした。
残念です。

みなこ姐さん、よかったです。
すごいなぁ。
あれで90歳か。

♪シャンと、 シャンと キリリとぉ〜

でしたよ。
”さわぎ”は座って聴くもんじゃないのかも。
踊りたくなりました!






ご挨拶したり、
d0120131_12221251.jpg

運んだり
d0120131_12225354.jpg

出たり入ったりしてるうちに
d0120131_12223538.jpg

いつの間にか筋肉痛に
d0120131_1223650.jpg


普段使ってない筋肉なんでしょうねぇ。
[PR]
by boccafe | 2008-08-03 12:28 | 長唄 | Comments(2)

下ざらいでした。

プログラムの最後の方にかいてある「吉原」というのは、
吉原のみなこ姐さん、二三松姐さんが出られるということです。

このみなこ姐さん、90歳にして現役の芸者さん。
で、すごーく有名人のようです。
検索してみたらいろいろ出てきました。

そして、昨日は下ざらい(リハーサル?)で初めてお目にかかれました。
お元気!
全然老人ではありませんでした。
(老人という言葉を使ったのが失礼?と思うくらいに)

うちのお師匠さん(牧 小与志)は83歳。

私、もうくたびれちゃってって言ったら「おいくつなんです?」って訊かれて「83です」って言ったら「あらお若い。私90」って言われちゃったわよ。私もくたばってられないわね〜(お師匠さん談)

芸やってると、なんだかボケてる暇がないようです。
お二人とも元気!



今度9月にみなこ姐さんについて柳家紫文さんが書かれた本がでるそうです。
絶対に買います!!

そんなすごい方のことをこのブログで紹介するという、、、
我ながらずうずうしいですがやめられません。
お師匠さんの名前も初めてブログに書いちゃった!
こんなテキトー人間が通ってる家なんて、、、と引かないでください。





それから、どうやら弾き語りではなくなったようです。
いいように変わっていくかんじです。

下ざらいはお師匠さん宅の2階で行われました。
この日はかなり賑やかになるのですが、
ご近所の方も温かく楽しんでくれているようです。
今の世の中せちがらいもんですが、さすが浅草です。


2階からリズム感のあるお囃子のような曲が聴こえてきました。


小宇女さん
 「あら、”さわぎ”だわ」


「”さわぎ”ってなんですか?曲名、、、?そういうジャンルか何かですか?」


小宇女さん
「”さわぎ”っていうのは、お座敷の最後に必ずやるもので、賑やかでいいわよ〜。私大好き!!吉原は吉原の”さわぎ”、浅草は浅草の”さわぎ”、向島は”向島”のさわぎってあって、場所によってちがうのよね」


    
「会でやるんですかね?」

小宇女さん
「さぁ〜どうだろうねぇ。でも、今お稽古してるってことはやるのかしらね?めったに聴けないわよ〜」



「ウヒャー」 




ということです。
ビ、ビデオ!!
うちのビデオカメラは生きてるかぃ!?


人物:小宇女さん= 牧 小宇女。牧一門のお弟子さんでお名取りさん。大先輩で会では私の三味線で唄ってくださる。私の下手クソな三味線で、、、。
[PR]
by boccafe | 2008-07-25 13:17 | 長唄 | Comments(2)

プログラムです。

d0120131_20495911.jpg


どの駅からもだいたい徒歩10分くらいで着きます。

せっかくなので、やはり自分で地図を描いてみました。
いや〜、Googleって便利だなぁ。
痒いところに手が届きました。
どの駅からもだいたい徒歩10分くらいで会場に着きます。

それでプログラムですが、
こんなかんじのようです。

1・鶴亀
2・松のみどり
3・都鳥
4・越後獅子
5・五郎
6・まかしょ
7・秋の色種
8・五色の糸
9・外記猿
10・助六
11・賎の小田巻
12・土手の月
13・新曲 浦島
14・吉原 菊慈童
      二丁鼓

鳴りもの入りの年と、入らない年と交互にやっていまして、
今年は入らない年です。
唄と三味線だけの一番シンプルなスタイルになります。


あら、私の出番は4番目でしたね。
間違えてました。
この会は、今年で40回目だそうですよ。
すごいですね〜。






予定としては、
これをフリーペーパーにして、高円寺書林さんに置いてもらって
友人にはDMを出したいところなのですが、間に合わない気がするわ。

だって、あと10日を切ってしまったんですもの!!
う〜、どんくさいよ〜
[PR]
by boccafe | 2008-07-18 21:09 | 長唄 | Comments(1)

告知です。

長唄のおさらい会があります。
私たちが”浴衣会”と呼ぶその会は
その名の通り浴衣でやるので、普通の演奏会よりもぜんぜんラフなかんじです。
浅草の見番は、畳に座布団を並べて聴いて頂いてます。


小牧会
  日時  7月27日(日)12:30pm START
  場所  浅草見番(三業会館)
  入場無料
d0120131_1173433.gif

ネット上で拾ってきた地図です。
無断で使用してすみません。
”稽古場”って書いてありますね。
ここは芸者さん達のお稽古にも使われているようです。



プログラムの方は、後ほどお知らせします。

私は3曲目に越後獅子(抜粋)を弾きます。
なぜ抜粋かというと、お稽古1年で覚えきれなかったからです(笑)
そして今、ラストの部分をうる覚え状態です。

お時間のある方、長唄に興味のある方、入場無料なのでぜひいらしてください。
[PR]
by boccafe | 2008-07-15 11:10 | 長唄 | Comments(0)

長唄定期公演

d0120131_17312811.jpg


お師匠さんとお名取さん2人が長唄協会の定期演奏会に出るというので、
行ってきました。

開演11:30

出番は後ろの方だからと思い、ゆっくりめで着いたのは13:00でした。
とりあえずご挨拶して、、、と楽屋を訪れるともぬけのからで、
よく見ると出番は、、、18:30!!

ウギャー

長唄とはよく言ったものです。






時間を潰して、再びご挨拶に。

「あっ、ふすまだ。」

ふすまってノックしませんよね?
とちょっと頭をよぎっているうちに、身体が開けてしまっていました。

「ほ、ほ、本日はおめでとうございます!!」

後から思い出したんですけど、「失礼します」っていう便利な言葉がありましたよね。
業界の習慣が難しそう、、、とかいう以前に、常識が身に付いていないわけですよ。

がっかりです。



お師匠さんたちが演った唄の意味とかがぜんぜんわかっていなかったので、
歴史を勉強しろと言われました。

歴史かぁ、、、う〜ん、、、
[PR]
by boccafe | 2008-07-05 17:50 | 長唄 | Comments(0)

浴衣

d0120131_1303376.jpg


演奏会で浴衣を着ました。
いつも帯のあたりにあせもが出来るのですが、
今年はメッシュのなんか押さえるやつを買ったので大丈夫でした。

会の前に風邪をひいてしまって、頭痛がひどかった!
でも、出演者の中に心臓病でニトロなんとかを舐めながらがんばっている先生がいたので弱音も吐けず、がんばれました。

演奏は2、3カ所まちがえて、2回変な音を出す程度で済んだので
私としては上々の出来だったかな〜と思います。

体調が悪かったので、ビデオ撮影をやめてMDに録音だけしたよ。
そしたら、後からやってきた彼が三脚を持ってきたり、
デジカメも持ってきたけどバッテリーが入ってなかったりで、
ほんとがっかりしました。
そういうときは、ぜひ文明の力「携帯電話」を活用してもらいたいものです。
[PR]
by boccafe | 2007-07-30 13:01 | 長唄 | Comments(0)

明日です。

明日はいよいよ会の日です。

先日、下ざらい(リハーサル)のため、三味線をもって行きました。疲れた〜
帰りのホームで立ったまま寝るところでした。
いや、半分寝てました。恐い恐い。

出演者も見に来る人も、おばさんが多いと思うのですが、
鳴りものさんは若い人が多かったですよ。
みなさん芸者さんなんで、かわいい人ばかり。

そういえば、場所の名前なんですが
正確には”浅草三業会館”の2階です。

経験の浅い人が最初のほうなので遅れてくると出番が終わってる可能性があります。くどいようですが、私の出番は3番目です。
どうぞよろしく。
[PR]
by boccafe | 2007-07-28 12:39 | 長唄 | Comments(0)

お知らせ

7/29(日) 「第39回 小牧会」( 長唄の演奏会 )

       12:30〜開演
       場所:浅草見番
       入場無料


私は3番目に「雨の五郎」で三味線を弾きます。
鳴りものさんも入ります。
(ヒ〜、、、緊張する〜)

会場は畳敷きです。楽な格好でどうぞ。
こちらは全員浴衣で演奏します。


d0120131_1348770.jpg

[PR]
by boccafe | 2007-07-24 13:48 | 長唄 | Comments(1)

後日談

d0120131_22592342.jpg


昨日お稽古に行ってきたのですが、
7/3の演奏会の後日談を聞くことが出来ました。

鳴りものさんが、去年亡くなった大きいおっしょさんがいらしてたというのです。
「先生にご指導いただきました」と。

ふえ〜。
ここの先生のお宅は不思議なことが結構おこるので、この話もなんだか信じられます。
きっと、本当に聴きにいらっしゃってたのでしょう。
大きいおっしょさんが生前
「色恋には飽きがくるけど、芸に飽きはこないねぇ。どれだけやっても面白い」
とおっしゃっていたのを思い出します。
亡くなってもなお、芸が面白いってことでしょうか。

三味線で出演していたお弟子さんが
「鳴りものじゃなくて、三味線の指導をして欲しかったわ」
と言ってました。
あははは〜




注・このブログやHPをご覧になった方へ
    私はちょっとお稽古してもらったくらいのど素人です。おっしょさんを始めお名取さん達は本当にすごい人達なんですよ。
    
[PR]
by boccafe | 2007-07-07 23:06 | 長唄 | Comments(0)

長唄きいてきました。

d0120131_11554920.jpg


(クリックで画像拡大)

昨日、長唄協会夏季定期演奏会がありました。
おっしょさんと名とりさん2名が出演するのを聴いてきました。
昨日は女性ばかりでしたが、なぜなんでしょうね?
夜の部の一番最初に出演者のみなさんで披露する「鶴亀」を聴きました。
ものすごい人数でした。
これだけいるのに、合わせられるんですね。
さすがです。
と思ったら、長唄協会のサイトのTOPにもっと大人数の写真がありました。
(うわ〜)
http://www.nagauta.or.jp/

おっしょさんたち、かっこよかったです。
私のおっしょさんは82歳。
最高齢かもしれません。
まだまだ現役。すごいです。
[PR]
by boccafe | 2007-07-04 19:37 | 長唄 | Comments(4)